1Vantage

日本再上陸で認知度を高めたい海外FXブローカー

Vantage
Vantageは2009年に設立され、オーストラリアで創業された海外FXブローカー。10年以上の市場経験と172か国に渡る国々で事業展開を行っています。Vantageの本社はシドニーにあり、現在はバヌアツ金融ライセンスVFSC(登録番号:700271)を保有しています。2020年に日本向けのサービスを一時停止したものの、2022年より再開し、現在はアジア市場開拓に力を入れているようです。
Vantageの特徴としては、狭いスプレッドと高い約定力に自信があることです。またスキャルピングや自動売買(EA)も行えるので、初心者だけでなく中・上級のFXトレーダーにも満足できるサービスが展開されています。すべての口座タイプにおいて通貨ペアは57種類、26の株価指数や51の ETFs、22のコモディティ、800以上の株式CFDでの取引が可能です。
\ 今なら50%入金ボーナスがもらえる! /
メリット
  • 初回入金50%ボーナスをはじめ多彩なボーナスが常時開催
  • 最大1,000倍のレバレッジで取引が可能
  • 主要な通貨ペアのスプレッド(GBP/USD)が0.0pipsから
  • 最低入金額が5,000円からとかなりリーズナブル
  • 株式VFD銘柄を始め取引銘柄が充実している
デメリット
  • レバレッジ利用時に制限がかかる
  • 日本人による知名度がまだまだ低い
  • 日本語サイトの情報が少ない
  • ロスカット水準は50%と高めに設定されている
  • 出金手続きが遅いという口コミがある
  • 著者目線の総評①

    2022年に日本に再上陸したVantageは、知らない人もまだ多いようですが、ポテンシャルは高く豊富な銘柄での取引が可能であることや、主要銘柄が0,0pips~といった極狭スプレッド、入金手数料無料など充実のサービスが魅力です。RAW口座、STANDARD口座、CENT口座の3つの口座の中から、自身に合った口座を見つけて気軽に取引を始めてみるのもありでしょう。

  • 著者目線の総評②

    Vantageでは、ライブトレーディング試合やVantage Rewards、50%入金ボーナスといった豪華なボーナスキャンペーンが開催。特にVantage Rewardsは取引すればするほどポイントを獲得でき、現金への交換や損失補償クーポン、入金リベートクーポンなどの特典がお得に交換できます。ランクが上がれば追加の特典ゲットのチャンスですのでやらない手はありません。

\ 今なら50%入金ボーナスがもらえる! /