2024年6月最新Exness(エクスネス)の口座タイプ、スプレッド比較

【業界最大レバレッジ】✖【低スプレッド】

Exnessの最大の魅力はなんといってもレバレッジが無制限(21億倍)で取引ができるというところです。レバレッジ無制限を提供しているブローカーはExness(エクスネス)の他にありません。ユーザーはレバレッジを最大限に活かして利益を獲得することも可能です。少額資金でトレードをしたい人などにオススメです。Exnessの魅力はレバレッジ無制限だけではありません。他の海外FX業者に負けない極狭なスプレッドを提供していることです。最小は0.0pips~となっています。Exnessは他のブローカーでは体験できないレバレッジ無制限✖低スプレッドを体感できる唯一無二のブローカーです。

*Exnessのレバレッジ無制限でのお取引には一定条件を満たさないと解除されません

Exnessレバレッジ無制限解除条件
  • 本取引口座における取引が合計10回以上ある(指値注文を除く)
  • 取引口座の有効証拠金が1000ドル未満
  • 本取引口座における取引で合計5ロット(50万通貨)以上の取引が完了している

 

\業界最大レバレッジ無制限/

*口座開設に費用はかかりません(無料で開設ができます)

Exnessのメリット、デメリット

まずはExnessのメリット、デメリットを見ていきたいと思います。
メリット
  • 無制限レバレッジ(実質21億倍)で取引可能
  • MT4/MT5両プラットフォームが利用可能
  • ロスカット水準(ストップレベル)は0%
  • スキャルピングトレード、アービトラージが可能
  • FX通貨ペアは100種類以上
  • スプレッドが極狭
  • 金融ラインセンスが豊富
  • 日本語安心サポート
  • 迅速かつ豊富な入出金
デメリット
  • ボーナスが一切行われていない
  • レバレッジ無制限を利用するには条件がある
  • 時間帯や指標によってレバレッジに制限がかかる
  • 公式サイトの日本語表記に違和感あり
  • スタンダード口座以外の最低入金額が高め
  • 現在はクレジットカードがJCBしか使えない

スプレッド比較

Exnessは業界最大のレバレッジに加えスプレッドでも他社に負けない極めて狭いスプレッド環境を提供しています。5種類の口座タイプがあります。スプレッドや手数料などを比較してみて自分に合った口座をぜひ見つけてみてください!

Exness5つの口座タイプ
  • スタンダード口座
  • スタンダードセント口座
  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • プロ口座

 

スタンダード口座スタンダードセント口座ロースプレッド口座ゼロ口座プロ口座
USD/JPY1.1pips1.1pips0pips0pips0.7pips
EUR/JPY1.2pips1.2pips0.1pips0pips0.7pips
GBP/JPY2.5pips2.5pips0.5pips0pips1.6pips
EUR/USD1.0pips1.0pips0pips0pips0.6pips
GBP/USD1.2pips1.2pips0.1pips0pips0.7pips
AUD/USD1.4pips1.4pips0.2pips0pips0.9pips
XAU/USD20pipsなし6.3pips0pips20pips
BTC/USD192.3なし44.244.2120.1
 \『レバレッジ無制限✖極狭スプレッド』/ 

各口座タイプの紹介

Exnessには、5つの口座タイプがありますスタンダード口座・スタンダードセント口座・ロースプレッド口座・ゼロ口座・プロ口座といった口座タイプがあります

初回最低入金額やスプレッド、取引手数料などに違いがありますので、ここからは各口座タイプについて詳しく見ていきたいと思います。

スタンダード口座スタンダードセント口座ロースプレッド口座ゼロ口座プロ口座
プラットフォームMT4/MT5MT4MT4/MT5MT4/MT5
スプレッド0.3pips~0.3pips~0.0pips~0.0pips~0.1pips
マージンコール60%60%30%30%
ロスカット0%0%0%0%
ゼロカットありありありあり
最大レバレッジ無制限無制限無制限無制限
最小取引数量0.01lot0.01セント0.01lot0.01lot
最大ロット数200lot200セント200lot200lot
初回最低入金額10ドル10ドル1000ドル1000ドル1000ドル
複数口座の開設可能可能可能可能可能
取引手数料なしなし片道最大3.5ドル片道最小0.2ドルなし

スタンダード口座

スタンダード口座は、海外FX初心者の方から中級者の方までにオススメしたい口座です。非常に扱いやすい口座となっており、最低入金額が10ドル(2024年3月現在の日本円1500円)からや取引手数料が無料ことなどの特徴があります。レバレッジ無制限での取引も可能です。スプレッドは他の口座に比べると若干広いように感じますが、業界でも狭い水準のスプレッドにて取引可能です。まずはExnessに挑戦してみたいという方にオススメです。

スタンダードセント口座

スタンダードセント口座はスタンダードセント口座よりもさらに少額で、リスクを抑えつつリアルトレードを始めたい方にオススメな口座です。スタンダードセント口座では他の口座と違い口座の単位がセントとなっています。「セント=100分の1ドル」

スタンダードセント口座の取引サイズは、通常の海外FXの取引サイズ(1ロット=100,000通貨)の100分の1。1ロット=1,000通貨(1セントロット)になります。最小0.01ロット=10通貨単位からの取引ができるため、リスクを最大限に抑えながらFX取引をしたい方、始めたい方にオススメな取引環境が整っています

ロースプレッド口座

ロースプレッド口座はトレードにかかるトータルコストを極力抑えてトレードしたい方にオススメの口座です。ロースプレッド口座は1lot片道最大3.5ドルの取引手数料がかかりますが、主要な通貨ペアにおいて0.0pipsからで取引を行うことができます。最も低いコストで取引ができるのはロースプレッド口座なのでコストを最大限に抑えてトレードをしたい方にオススメです

ゼロ口座

ゼロ口座はExnessの口座タイプの中で、一番安定したゼロスプレッドで取引することが可能です。ゼロ口座では、1日のほとんどの時間帯で主要通貨ペアをスプレッド0.0pipsで取引することができます。

取引手数料は銘柄によって異なり、片道最低0.2USDからの変動制となっています。銘柄によっては片道6USD以上かかる通貨ペアもあります。しかし、多くの主要通貨ペアで0pipsからの取引が行えるためロースプレッド口座に負けないコストパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

プロ口座

プロ口座は初心者から経験豊富な上級者まで幅広い層の方にオススメな口座タイプです。初回最低入金額は1000ドルと高めに設定されていますが、『低スプレッド✖取引手数料無料✖高い約定力』という環境を提供しています。もちろんレバレッジ無制限で取引も行うことができます。またプロ口座は他の口座に比べてスリッページが起こりにくく約定力も高いためスキャルピングなどに適した口座タイプになります。取引コストとのバランスの良い口座です。

Exnessに関するよくある質問と回答(Q&A)

ExnessでEA(自動売買)を利用することは可能ですか?

はい、可能です!
無料でVPSを利用するための条件も設定されていますのでExnessサポートにお問い合わせしてみてください。

Exnessは口座開設ボーナスや入金ボーナスがありますか?

Exnessではボーナス等を一切開催していないため口座開設ボーナスや入金ボーナスを受け取ることができません

Exnessの口座開設に費用はかかりますか?

いいえ、口座開設費用は一切かかりません。

Exnessの入金方法は何がありますか?

Exnessの入金方法は4つあります。1つ目は銀行振り込みです。2つ目はクレジットカード、デビットカードによる入金です。(現在はJCBのみの対応となっています)3つ目はオンラインオレットです。bitwallet・STICPAY・Perfect Money・WebMoneyなどで入金が可能です。4つ目は仮想通貨です。ビットコイン・テザーなどで入金ができます。

Exnessでスキャルピングトレードを行うことができますか?

Exnessではスキャルピングトレードを認めています。

Exnessでは追加口座を開設して両建て取引を行うことができますか?

多くの海外FXブローカーで禁止されている両建て取引をExnessでは行うことが可能です。両建て取引に対する制限はありません。

Exnessで証拠金がマイナスになった場合は追証が発生するのでしょうか?

いいえ、Exnessにはゼロカットシステムという制度があるため証拠金がマイナスになった場合でも口座残高以上の損失が発生することがなく、追証も発生しません。

おすすめの記事